カテゴリ:books( 6 )
女子力の時代??

ご訪問ありがとうございます。

コメントのお返事は、
その方のブログでさせていただきます。
ブログをお持ちでない方には
ここでお返事いたします。

なかなか訪問やコメントできなくてごめんなさい。






今日のお題は女子力。


ブログで仲良くさせていただいている
ブリングルさん

詩人なのです@@


彼女が出した
詩集を買いました☆↓↓

ページをめくるたび、
不思議な世界に連れて行ってくれる詩集です。

息子も手にとって読んでました・・・



こういう詩がかけて、
本を出せてしまうってすごいなぁ・・・


彼女は6年生を頭に
3人のお子様がいらっしゃるのですよ。


まさに女子力のパワーを
見た思いです。



ブリングルさんとは
とある会にて、とあるレストランで初めてお会いしたのですが
実はいろんな共通点があることが発覚。


まず家がとても近所。

同じ学年(6年生の子供)がいる。

行きつけのレストランが一緒。
(このレストランとは、現在私がお菓子を作っている
ビストロキフキフの前の店です)


もうこれだけで十分すぎるほど
私たちにとってはすごい共通点でした。



まだ1回しかお会いしてないのですが
次回が楽しみです☆



この詩集、お子様が読むのにもとってもオススメです!!


ぜひ手に取ってみてくださいね~





そして。



先日のル・コルドンブルーフェスティバルの時に作った
ケーキの写真が、
料理通信という雑誌に出ております。







現在発売の3月号です。

今号のテーマは
「女子力の時代」



42ページ~45ページに、
「女子力はここで充電される!世界のル・コルドンブルー」
という特集があり
44ページに、私のケーキがちっちゃく載ってます。



ちっちゃいですが、いちお、名前入りで(笑)





もし本屋さんで見かけたら見ていただけたら嬉しいです☆

(ちっちゃすぎてびっくりしないでーーー笑)







女子力を感じてくださったら
↓↓クリックお願いします☆
いつもクリック、励みになっております。ありがとうございます。
←ここをクリック♪
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ ←ここをクリック♪






↓私がお菓子をつくっているビストロです

↓料理教室のホームページ(リンク用バナーはコチラから♪


「お料理教室をはじめたい!」という本に掲載されました。
私の料理教室が紹介されています。
成美堂出版より。

[PR]
by mahos-table | 2010-02-17 06:29 | books | Comments(3)
面倒くさがりやのための本
クリックお願いします☆
←ここをクリック♪
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ←ここをクリック♪
←ここをクリック♪




私がよく買う本、
といえばやはり料理本。

その次に子育て本。


そして最近では犬育て本。



それから、自己啓発本もちらちらと。



でも一番読んでいて楽しいのは
もちろん小説!




先日読みたいなーーって
ここで話していた、この本。


あの後すぐに買って
一気に読んでしまいました。


いやぁおもしろかった。


概要はこんな感じ↓(引用文です)

「天才数学者でありながら
不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、
一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。
彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、
二人を救うため完全犯罪を企てる。
だが皮肉にも、
石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、
その謎に挑むことになる。」


ベストセラーなので、既に読んだことある人も多いと思いますが、
初めて東野作品を読んだ私には衝撃のおもしろさでした。



天才数学者、という普段全く縁のない人物が、
これまた全く日常とはかけ離れた殺人という犯罪に
かかわっていく。。。。。



最初に犯人がわかっているところから始まる
犯人目線で進むストーリー。


だけどその中に
意外なもうひとつの事実が。。。。。。



うーーん、
こんなに頭のいい人とは
一生縁がないだろうなぁ・・・・・・




ホント別世界。








そしてそして。



つい手が出てしまう自己啓発系の本。




この題名に惹かれてしまったのです。



「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」




コンサルティング会社を経営する著者が書いた本。



面倒くさがりやのあなた・・・・・
はい、私です。間違いありません。

・・・で、買いました(笑)



この本の大意は
「日々の小さな面倒」をやっておくだけで、
負のスパイラルから抜け出し、ストレスから開放される、
というもの。


たとえば、


☆面倒くさかったら、予約をしなさい。

金曜の夜に、銀座で美味しいご飯を食べたいと思ったら、
予約は必須ですよね。

その予約を面倒くさがったばっかりに、
結局どのお店にも入れず、何軒もお店を回っては断られ・・・・
並んでようやく入れた店では、店員の対応も悪く、
自分が行きたいような店とはかけ離れたところで妥協しなくてはならなかったり。
と言ったとてつもなく面倒なことが待っている。

それが1本電話を入れておくだけで
何の心配もなく店に入れるのはもちろん、
お店の人の対応もよいわけです。


☆変えられないものに執着しない。

たとえば、ものすごく急いでるときにタクシーに乗るとする。
でも大渋滞にどっぱまり、車は動かない。
それは、もうどうしようもないこと。
そのどうしようもないことに執着せず、
自分の気持ちと行動を転換する。
では、この渋滞の間に書類に目を通そう、とか本を読もう、とか。
ちょっと疲れてるから寝ておこう、でもいいんです。



☆マニュアルを読む。

これ、私がとっても苦手なこと。
絶対分厚いマニュアルを読まないことが多いです。
しかし、読まないと、結局やり方をマスターするのに
何倍も時間がかかったりして。

特に、携帯、パソコン、デジカメ。
著者いわく、必ずマニュアルを読むそうです。
結果、今まで知らなかった便利な機能を知ることにもなり、
いろんなことが効率的に便利に進められるわけなんですね。

わかっちゃいるけど・・・・^^;




などなど。


一部をご紹介しましたが、そのほかにもなるほどーーー
と思うこと多々あり。




要は、
めんどくさいなら、チョコチョコとマメに動くほうが
大きな面倒くささを回避できる、
ってことですね。


はい、肝に銘じます!!!




そして最後。

子育てがらみの本。


「オール1のおちこぼれ、教師になる」

これは、料理教室の生徒さんに教えてもらった本。


概要抜粋↓

「中卒、落第で漢字は自分の名前しか書けなかった「オール1」の著者が
ある出会いから運命が変り独学で猛勉強しその後、
生徒に慕われる教師になるまでの涙の人間ドキュメント。

中学卒業の学力は漢字は名前しか書けず、数学は九九が2の段まで。
英語の単語はBOOKしか知らない落ちこぼれが編み出した〔オール1の勉強法〕とは?
オール1の勉強法を公開!

私は成績表が『オール1』の落ちこぼれでした。
「いじめ」「ひきこもり」「学校嫌い」……。
すべてのどん底を経験してわかったことは、
勉強ができない子どもほど可能性はあること。
目標を持てば必ず夢はかなうということ。皆さんにも私の体験を知ってもらいたい--」



著者はたぶん、私と同世代。
自分の同世代に、こんなに苦労をした人がいたなんて・・・
という驚きと、
こういう人がいることを子供に教えたい、
っていうか子供にも読んでほしい、
と思った1冊でした。




ところで皆さん、
本の値段って高いと思いますか?
安いと思いますか??


価値観は人それぞれだと思いますが、
私にとっては本は安いです。


いろんな世界に連れて行ってくれ、
いろんなことに気づかせてくれ、
映画を観るよりずっとずっとおもしろいってことも
よくあります。



映画1回観ると1800円ですものね。
有名な先生の講演を聴きに行くと
高い講習料を払わなくてはならないけど、
その先生の本なら手軽に買って読めるし。





そうそう、
映画化されたもので
まず本を読みたいと思っているのがこちら↓







「天使と悪魔」ダンブラウン作

数年前に先に映画化された「ダヴィンチコード」も
本を読んだ後に観に行きました。
(息子が観に行きたいって言うんで一緒に行きました)


ダヴィンチコードは、天使と悪魔の第2作。
天使と悪魔のほうが書かれたのは先なんですよね。



内容が複雑そうなので
本を読んでから観た方がわかりやすい気がする・・・・


ロードショーやってる間に
読み終わるかなぁ。


まずは本、買わなくては(笑)





いつもクリック、感謝しております。
←ここをクリック♪
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ←ここをクリック♪
←ここをクリック♪
[PR]
by mahos-table | 2009-05-14 06:22 | books | Comments(10)
本で違う世界に・・・「マリア・プロジェクト」など
いつもクリックありがとうございます☆
←ここをクリック♪
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ←ここをクリック♪
←ここをクリック♪



本を読むのが好きだけど、
最近は、平積みされた自己啓発本に手が伸びることが多いです。

または、子育てや受験の本。
これもある意味自己啓発本ですよね~



たまには全然違う本も読んでみたい!!!
と思いながらも、
自分で選ぶ本って同じようなものばかり。


新しい本に手を出そうとしても、
沢山ありすぎて、どれにしたらよいものやら。。。。



そんな時、
私の尊敬するある方から勧められた本を読んでみました。


「マリア・プロジェクト」  楡周平

あらすじ(抜粋)
胎児の卵巣には、巨万の富が眠っている―。
フィリピン、マニラ近郊の、熱帯樹林に囲まれた研究施設で、
人類史を覆す驚愕のプロジェクトが進行していた。
胎児の卵子を使い、聖母マリアのように処女をも懐妊させる、「マリア・プロジェクト」。
生命の創出を意のままに操り、臓器移植にも利用しようというのだ。
神を冒涜するその所業に、ひとりの日本人が立ち向かう。
医学の倫理と人間の尊厳に迫る謀略エンタテインメント巨編。



・・・・この本は小説だけど、
こんなこと、マニラで本当に行われているの???
と思ってしまうほどリアリティのある文章。
自分とあまりにもかけ離れた話であるだけに、
違う世界へ連れて行ってくれます。


どうなるのか気になって、
結構長いけど一気に読めてしまった。


いつも料理本や子育ての本ばかりで
現実に立ち向かってるけど、
こうやって料理のこともすっぱり忘れて
リフレッシュするのっていいなぁ。



別世界に入り込みたい人にオススメ!!!




この人のこんな作品も読んでみたい~




そして、有名なこの本。

東野圭吾の本。

この人の本も読んだことがないので
是非トライしてみたい!!





現実から離れる本タイム☆


やっぱりいいなぁ。





そして私以上に本が好きな息子。

今読んでいるのはドリトル先生シリーズ。

全13冊の6冊まで読んだらしいです。
(受験生にそんな余裕がどこに??)


1冊目



2冊目



3冊目




4冊目




5冊目




6冊目





そしてそして。。。
続きの本を買ってほしい、と息子からのリクエスト。

「ドリトル先生と月からの使い」



またネットショッピングにお世話になることにします^^





しかし・・・・
受験生だと言うのに、ひたすら本を読む息子。
おーーい勉強大丈夫ですかーーーー(笑)
成績上がってませんよーーー



なーんてこと言わないで
思いっきり好きな本を読ませてあげたいです・・・・




勉強しないで読んでるけどね。。。ははは。



息子も本を読んで
現実から離れたいのかも知れないなぁ(苦笑)






クリックありがとう!!!

←ここをクリック♪
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ←ここをクリック♪
←ここをクリック♪






  
[PR]
by mahos-table | 2009-04-16 06:32 | books | Comments(10)
最近読んだ本・・・源氏物語など
源氏物語をもう一度読んでいます。
まだ、途中ですが。
田辺聖子さんのもの。

読んでみてびっくりです。

高校生のときに読んだのと
全然印象が違います。

高校生のときは、
全く、どうしようもない女好き、位にしか思わなかったのですが、
今読むと、うんうん、その通り、と思うことが多いです。

男女の駆け引きや、
恋愛についてのこと。

夜は真っ暗で顔を見ることもできず、電気もなく、
通信手段は手紙だけ。

そういう制約された環境だからこそ、
盛り上がる。

今のように相手にダイレクトに携帯でメールや電話ができてしまう時代とは、
全く恋愛事情が違います。

私が若い頃も、
携帯なんてなかったので、
連絡するにも、まずは相手の親が突破口でした・・・。



そんなことはさておき、
今となっても全く色あせない源氏物語。

 


むしろ今読むべきかも、と思ってしまいました。



田辺聖子さんのこんな本も読んでみたい↓


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑料理じゃないけど、たまには本もね。↑



そして、またしても自己啓発本

最近よく書店で目にする勝間和代さんの本。

3人の子供を育てながら、結婚離婚再婚をし、
バリバリと働くキャリアウーマンの勝間さん。

その彼女がこの本で提案しているのは、

1 年収600万円以上を稼ぎ、
2 いいパートナーがいて、
3 年をとるほど、すてきになっていく


だそうです。


インディペンデントな生き方を出来る人を「インディ」、
そうでなく夫や恋人、そのほかに依存し続けて生きる人を「ウェンディ」と名づけ、
「インディ」になるためのノウハウをわかりやすく書いています。


うーーん、すごい。。。
勉強になりました。




そして、普段あまり読まないサスペンスジャンル。
本好きの友達に「面白いよ」と教えられ・・・。



チーム・バチスタの栄光


現役医師である著者が描きます。

心臓手術チームが起こす連続する術死のなぞを、
主人公たちが解き明かしていく話。



これは映画化されたようですね。


ミステリー系、読まないけど、
誰が犯人??と考えながら読んでいたら、
意外に面白くて一気読みでした。



また本を買いたい症候群に襲われています。

おっとその前に、
山積しているやるべきことをやらないとね。


子供たちにいつも、
「早くやりなさい!!!」と偉そうに言ってるけど、
私も・・・でした^^;




にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑読みたい本が家にあると安心する^^↑
[PR]
by mahos-table | 2008-06-15 05:14 | books | Comments(0)
啓蒙本を片手に、お茶タイム
今日は食べ物ネタから少し離れ、
本のお話。

いわゆる啓蒙本(果たしてそんな言い方があるのか、知りませんが)、
私はよく読むほうだと思います。

読むと、
「ああ、そうだった、忘れてた」
と思い返させてくれる啓蒙本たち。
(物忘れ激しすぎ?? 笑)

頭ではわかっている内容も多いのですが、
読んで改めて気づかされる。

啓蒙本を読む時間は、
自分を省みることのできる貴重なときです。

教会に行って、神父様のお話を聞いて、
忘れていることを思い出させてもらう感覚にも
似ています。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


私の尊敬する方が、
薦めてくれたのがこの本。


夢をかなえるゾウ

かなり前向きになれます。

内容は、
「そうそう、その通り」と思うことが多いのですが、
だからこそ何度も読み返したくなる本です。



そして品格本3冊。

あまりにも有名になったこの本。

国家の品格

日本人として忘れてはならない誇りを
思い出させてくれます。

「英語は小さいうちから勉強してしなくていい、
まずは日本語をきちんと!」

英語がペラペラの著者が言うからこそ、
説得力があります。

まずは自分の国を誇りに思いましょう。
という本。



坂東さんの品格本。

女性の品格

男性と張り合う必要はなく、
女性は女性らしさで勝負!!!




もうひとつ坂東さんの品格本

親の品格


バリバリ第一線で働きながら、
2人のお子さんを育て上げた坂東さんの
経験にもどづくお話。




そして私の大好きな中谷さんの本

1%の企画力


企画、と言うと大それたこと、
才能のある人にしかできないことのように思いますが、
普段の生活の中で、仕事の中で、
1%だけ工夫してみる、
ちょっとだけ考えてみる、
それが大きな差になる、というお話。
お金をかけなくてもできてしまう、企画力です。



私は、チョコチョコと隙間の時間に本を読むことが多いです。
何かの待ち時間、電車の中、など。

ちょこっとした時間なのですが、
積み重ねると結構本が読めます。


でも、本当は、
ゆっくりお茶を淹れながら、
優雅な読書タイム、なんて時間をとりたいものです(夢)。


f0141419_525353.jpg

先日、紅茶倶楽部でいただいた
ショコラベリーティ。

ロイヤルコペンハーゲンのものです。
チョコレートのほのかな甘いフレーバーと、
ベリーのさわやかな香りがミックスされ、
まるでベリーの入ったチョコレートをいただいているような
気分になれます。


夜、甘いものを食べたいけど、
美容のためにはちょっと・・・・と思うときに
いいかもしれません。



それから、
同じく紅茶倶楽部でいただいた
「はちみつ菓子工房くにみ」カボスパウンドケーキ。
f0141419_5325996.jpg


大分の食を紹介する
ミオクラブから
いただいたものです。


カボスピールがたっぷりはいって、
さわやかなお味。


おいしいお菓子とお茶を片手に、
読書できたら、
こんなに嬉しいことはないですね(願望)。


やっぱりいつでも甘いものがほしくなってしまう
私でした・・・・・^^;


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑料理もレシピも関係ないですが、クリックして応援してくださると嬉しいです。↑
[PR]
by mahos-table | 2008-05-28 05:37 | books | Comments(10)
秋の夜長に、読書とカモミールティ
2007年10月8日(月)

最近本を読みました。
「一瞬の風になれ」という小説。
3冊が1つの箱に入っている、結構な長さの小説です。
でも、一気に読みきってしまいました。
f0141419_7101548.jpg


久々に感動する本に出会えました。
ベストセラーになっているので、読んだ方も多いのではないでしょうか。
友達のブログで、チラッと拝見して、ずっと気になっていたのです。

陸上を舞台にした物語。
公立高校の陸上部。
運動会が嫌いで、リレーの選手にもなったことがなく、
女子校だった私には、まったく縁のなかった世界。

陸上の知識がなくても読めてしまいます。

スポーツの世界で一芸に秀でるには、人並みはずれた努力が必要です。
普通なら、ど根性青春スポーツ小説になるところを、
作者はとてもさわやかに描いています。

主人公たちは、生まれながらの才能にも恵まれていますが、
頂点に立つためには、並大抵の努力ではありません。
それをさわやかに描ききった作者に脱帽です。

読んでいる間、ずーっと気持ちよい風が吹いている感じです。
最近読んだ本の中でかなりのヒットだと思います。


そして、秋の夜長に本を読みながら、お茶タイム。
子供も寝てるし。
超幸せなひと時です。
f0141419_7113032.jpg

私の大好きなカモミールティ。
ハニーバニラカモミールといいます。
カモミールティにほんのり甘いバニラのフレーバーがあります。
お砂糖が入っているわけではないのに、
甘い香りで、ちょっと幸せな気分になれて、お気に入りのお茶です。
たぶんアメリカのお茶なんだと思います。
f0141419_7104089.jpg

パッケージもかわいいです。
スイートポテトとともに。
ここでスイートポテト食べなければ、合格なんだろうけど^^;
夜のささやかな愉しみ。

ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


[PR]
by mahos-table | 2007-10-08 07:14 | books | Comments(8)