<旬果物>梨のシャキシャキサラダ&娘の好きなもの
2007年9月21日(金)

フードコーディネーターの仲間達とのユニットブログ、
bonbonレシピにて、
「梨のシャキシャキサラダ」のレシピを紹介しています。

f0141419_5382198.jpg


9月のテーマは秋の味覚。

秋は、美味しいものが多すぎて、
何にしようかすごく迷いましたが、
梨を使った歯ごたえのいい爽やかなサラダにしてみました♪

レシピはこちら


梨は、ほとんどが水分で栄養がなさそうなイメージですが、
いろんな効能があるようです。

漢方としても使われることのある梨、
のどの痛みにもよいと言われています。

繊維が豊富だから便秘にもオススメです。
あのシャリシャリした食感の素である石細胞が
便秘防止に効果を発揮するとか。
塩分を体外に排出してくれたり、利尿効果があるから、
腎臓病や高血圧の人はいっぱい食べるとよいのです。

梨は、夏の終わりから秋の初めの食べ物。
まだ夏の名残りが残る今が旬なのです。

食べると体が冷えるから、
熱のあるときや夏バテの体にはとても良いと言われています。
また、アスパラギン酸が含まれているので、
疲労回復にも効果を発揮します。

まさに、夏に疲れた体を癒すのに最適な、
秋の果物なのですね。

そしてあのシャリシャリの食感に、便秘防止効果があったとは、
知りませんでした。

旬の果物、梨をたっぷり食べて、
夏の疲れを吹き飛ばしましょう。

f0141419_623474.jpg



娘は大の果物好き。
果物ならほぼ何でもOKです。
すっぱいものとかも大好きです。
ラズベリー、ブラックベリー、レモンなどなど。

こってり系が苦手で、さっぱりしたものが好き。
果物、野菜、は大好きです。

だからこのサラダはモリモリ食べてくれます。

子供が好きな、生クリーム、カスタードは苦手です。

親が教えるわけでもないのに、また親の遺伝というわけでもないのに、
味覚ってどうやって形成されるのでしょうね・・・・。
不思議です。


それにしても、まだまだ暑い日が続いています・・・・・・。
口では秋、秋、と言いながらも、
まだ冷房を切ることができない我が家です。
皆様、どうぞご自愛くださいね。



ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


[PR]
# by mahos-table | 2007-09-23 06:15 | side dish | Comments(6)
ラスク2種 & エシレバター
20007年9月20日(木)

ラスクが大好きです。
バゲットが余ったら作ります。

お店で買うラスクも好きですが、
あの味が家でも簡単に楽しめます。

置きっぱなしにして固くなってしまったり、
冷凍庫に長いこと入れっぱなしで干からびそうなものがあれば、
最適です。

かりっかりに焼き上げたラスクは、
いくつでも食べられちゃいます。・・・・危険です。

f0141419_8121785.jpg

こちらはシュガーラスク。
手前は仕上げにメープルシュガーをかけてみました。

f0141419_813778.jpg

甘くないラスク。
ガーリック風味です。
先日、チリコンカンの横に添えたもの。
おつまみにもなります。


【材料】
★バゲット 1/2本

スイートラスク  
      ★バター(有塩)大さじ1
      ★グラニュー糖大さじ1
      ★メープルシュガー(あれば)少々
ガーリックラスク
      ★バター(有塩)大さじ1
      ★すりおろしにんにく小さじ1/4
      ★パセリ(みじん)少々

【作り方】
1.バゲットは1cmほどの薄切りにする。
2.150℃に熱したオーブンで、15分焼く。
3.甘い方はバターとグラニュー糖を合わせて、電子レンジでと溶かす。
  ガーリックの方はバターとおろしにんにくを合わせて同様に溶かす。
  (20秒くらい。やりすぎると庫内に飛び散るので注意)
4.下焼きしたバゲットに3を塗り、もう一度150℃のオーブンで15分焼く。
5.仕上げに甘い方にはメープルシュガーを、
  ガーリックの方にはパセリをふる。

【ポイント】
★下焼きをする★
  ここでパンの水分を完全に飛ばすと、カリカリになります。

★オーブントースターを使わない★
 オーブントースターの火力は強いです。
 ラスクは低めの温度で、じっくりと水分を飛ばすので、
 オーブントースターだと表面だけが焦げてしまいます。

★有塩バターを使う★
 このラスクは、程よい塩味がポイントになるので、
 バターは無塩ではなく有塩を使うとちょうど良い味になります。



シュガーラスクは、小腹が空いたときのおやつや朝食に最適です。
ガーリックラスクは、パンの代わりに食事にあわせてもいいですね。

私は、料理教室で洋ものの料理をするときには、
必ずバゲットを用意します。
そしてバゲットはたいてい余ります。
そんなときにこのラスクを作れば、
固くなることを気にせずにバゲットを最後まで楽しめます。


先日、パリのお土産にエシレバターをいただきました。
ありがとうございます!
f0141419_8445956.jpg

このエシレバター、フランスのもので、
すごーく美味しいのです。

日本でも、スーパーなどで、小さいものが売られていますが、とても高いです。
フレンチレストランに行くと、
パンにこのエシレバターが添えられてくることがあります。

またはフランス料理のメニューにわざわざ「エシレバターを使った○○」などと
書いてあることがあるくらい、高級で美味しいバター。

日本で言うと、小岩井バターなんかに近いお味でしょうか。

これでラスクを作ったら、
バターの美味しさをたっぷりと味わうことができました。

自分ではなかなか買えないバターですが、
お土産でいただいて、堪能させていただきました。
ありがとうございました。

あ、でも、普通のバターで作っても、
このラスク、充分美味しくいただけます。
ご心配なく^^;



ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


[PR]
# by mahos-table | 2007-09-22 08:52 | sweets | Comments(8)
チキンリンクスと野菜のオイスターソース
2007年9月18日(火)

レシピモニターに応募したら送られてきた
ニッポンハムのチキンリンクスとポークリンクス。

先日、ポークリンクスを使ったレシピをご紹介したので、
今回は、チキンリンクスで。

f0141419_641524.jpg

「チキンリンクスと野菜のオイスターソース」

洋風イメージがある、皮なしソーセージタイプのチキンリンクス。
これを中華風に使ってみました。

作り方はとっても簡単です。
全ての材料を一緒に茹でて、混ぜたソースをかけるだけです。


【材料】
★チキンリンクス  1袋(9本)
★もやし       1/2袋
★ピーマン      3個
★サラダ油      大さじ1
★水(茹でるため)  1リットル

上からかけるソース  ★オイスターソース 大さじ2
              ★ごま油       大さじ2
              ★紹興酒       小さじ1
              ★醤油        小さじ1
              ★花椒塩(なければ花椒と塩)少々

【材料】
1.ピーマンは縦1/8に切る。
2.ソースの材料を混ぜ合わせておく。
3.鍋に湯を沸かし、サラダ油を入れた中に、
  チキンリンクス、もやし、ピーマンを入れてさっと茹でる。(2~3分)
4.ざるにあげて皿に盛り、混ぜ合わせておいたソースを回しかけ、
  皿の上で和える。

f0141419_617041.jpg

今回使った花椒塩はこちら。
塩の混じっていない花椒を挽いて、塩を混ぜてもいいですし、
なければ、コショウでも代用できます。
とにかく、ちょっとアクセントをつけたい、ということです。

【ポイント】
★茹でるお湯にサラダ油を入れる。
 こうすると、茹でた具につやが出て、ぱさつかず、
 口当たりが良いです。

★具を茹ですぎない。
 野菜の歯ごたえを残したいので、さっと茹でる程度が良いです。


ミートスティック「リンクス」レシピモニターに参加中♪


お鍋ひとつでできる、超簡単レシピです。
チキンリンクスは切らずにそのまま使います。
これがお肉の代わりになってくれます。
淡白なチキンリンクスの味は、中華にもバッチリ合いました。

忙しい日の夕飯に、是非どうぞ。



ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


[PR]
# by mahos-table | 2007-09-21 06:25 | main dish | Comments(4)
ブログ仲間の書展 & もんじゃ焼き
2007年9月中旬

先週末に、ブログ仲間の鈴香さん の書展を見てきました。

上野にある東京都美術館で行われた産経国際書展。
この展覧会で、鈴香さんは、産経準大賞を受賞されたのです。

f0141419_6224628.jpg


書のことは全くわからない私ですが、この字、なんかすごかったです。

ちなみに、この書展、
展示作品は80室以上もある部屋にたくさん展示されていますが、
鈴香さんのこの作品は、第1室に飾られていました。

こういう展覧会では、どの場所に飾られるかということが、
結構重要のようです。

産経準大賞のすごさを物語っています。
しかも賞の授賞式には高円宮さまもいらしていたとか。

ひゃー、ミーハーな私はそんなところに感動してしまいました^^;


f0141419_6284162.jpg



これだけの大作、何枚練習して、どれほどの集中力を要するものなのか・・・・。
高校のとき以来、書など全く書いたことのない私、
こんな稚拙な質問が頭に浮かぶほどです。
何しろ入り口で、来館者の名前を記帳するときに、
筆しかなくて、「あの、ペンはないですよね?」と聞いてしまったほど。
書展の入り口で、ヘタな書を書く辛さったら・・・
気持ち、わかっていただけますか(笑)

書はまさに一発勝負。
相当の精神の鍛錬が必要と思います。
だからこそ、見るものの心を打つのでしょうね・・・。

これだけの長い文章、我が家なら紙を広げる場所もない(笑)


ひとしきり鈴香さんの作品に感動した後に
鈴香さんの師匠と言われる方の作品へ。

f0141419_6344126.jpg

たくさんの有名な先生方が、「道」という字をそれぞれに書いていらっしゃいました。

この師匠の字、古代文字と呼ばれるものらしいです。
鈴香さんも時々ブログでアップされていらっしゃいます。

まさに絵のような字。
なんだか味があってかわいらしい感じで、すごく気に入ってしまいました。

・・・・・この師匠、確か齢90を超えていらっしゃるとのこと。
以前の鈴香さんの展覧会で、ご本人をお見かけしましたが、
とても若々しいのです。
とてもその年齢には見えませんでした。

やはりこうしていくつになっても、何かをされている方は、
いつまでもお元気で、若くいられるのでしょうか・・・・。

自分のことを年とったなぁ、と思っていましたが、まだまだ若輩者でございます・・・。


すばらしい芸術に触れ、パワーをいただきました。
鈴香さん、ありがとうございました。


この後、隣で院展をやっていたので、そちらも覗いてきました。

f0141419_6443790.jpg


こちらは絵です。

私でも知っている超有名な、平山郁夫氏の絵がありました。
その他、こちらの展覧会もすばらしかったのですが、
写真を撮るのに許可が要るようなので、絵のご紹介はできず・・・。
ごめんなさい。

時折、こうして美しいものに触れる時間は、必要ですね。
いつも、食べ物にまみれてばかりですから(笑)


でも、私の日記ですからこれだけでは終わりません。
この週末に、久々に月島のもんじゃ焼きを食べてきました。

月島の商店街の中にある「風ぐるま」。
連休の中日の夜6時過ぎでしたが、結構人が来ていました。
どのお店も並んでいました。

f0141419_6493034.jpg

まずは具をいためて土手を作ります。

f0141419_6513442.jpg

真ん中にもんじゃの汁を入れ、味付けして、八の字にへらで混ぜます。

f0141419_6522969.jpg

美味しそうにできました。

私の一押しは、明太もち。

他にもキムチ入り、カレー味、コンビーフ入りなど色々いただきました。

そのほかの焼き物も美味しいのです。
こちらイカバター。
f0141419_6535281.jpg

f0141419_6541176.jpg


レバー。
f0141419_655162.jpg

f0141419_6551955.jpg


焼きそば。
f0141419_6554533.jpg

もう下味がついていて、
後は自分たちでいためて、ソースなどで好きに味付け。

出来上がりを撮る間もなく、なくなってしまいました。


久々のもんじゃ、最高でした。
服ににおいがつこうが、気になりません。
それほど好きです♪


店を出て、程よくビールがまわって気持ちよく、
程よい満腹感の中、日が暮れた月島の商店街をそぞろ歩きました。

日中は暑かったけれど、夜になると涼しい風が吹きます。
気づけば9月もあと10日ほど。。。。

夏の終わりを悲しむ間もなく、
本格的な秋はもうすぐそこまで来ています・・・・・。

これからは、美味しいものたくさんの秋を楽しむことにしましょう♪


今日は長くなってしまいました。
最後までお読みいただきありがとうございました。


ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


[PR]
# by mahos-table | 2007-09-20 07:08 | art | Comments(8)
ミートスティクリンクスで「チリコンカン」
2007年9月17日(月)

レシピブログの、
ニッポンハムの「ミートスティックリンクス」のモニターに当選しました。

ミートスティック「リンクス」レシピモニターに参加中♪


なんだかここのところ当選続き。
嬉しいです。
レシピブログさん、ありがとうございます。

チキンスティックとポークスティックが送られてきました。
まずはポークスティックを使用してのレシピ。

f0141419_603226.jpg

商品はこちら。
スーパーに行ったら、もう店頭に並んでいました。

開けるとソーセージのようなポークリンクスが。
f0141419_613810.jpg

皮なしソーセージといったところです。
普通のソーセージと違い、表面がザラッとしているのが特徴。
普通は焼いて食べるようですが、今回煮込んでみました。


「ポークリンクスでチリコンカン」

f0141419_634775.jpg


【材料】
ポークリンクス   1袋(約9本入り)
トマト水煮缶   大1缶
大豆水煮缶    400g
にんにく(みじん) 1かけ
玉ねぎ(みじん)  大1/2個
オリーブオイル  大さじ3
チリパウダー     少々
ローズマリー(乾燥)、タイム(乾燥)各少々
固形スープの素  1個
水           1カップ
ソース       小さじ1
塩コショウ

【作り方】
1.鍋にオリーブオイル、にんにく、玉ねぎを入れて炒め、
  しんなりしたら、3等分に切ったポークリンクスを加える。
2.水気を切った大豆水煮缶、トマト水煮缶(つぶしながら)、水、固形スープの素を入れる。
3.塩コショウ、ローズマリー、タイム、ウスターソースで味を整えて、
  汁気がなくなるまで煮込む。


チリコンカンとは、メキシコ料理。
豆とひき肉、玉ねぎ、トマト、チリパウダーなどを入れて煮込んだもの。
トルティーヤに乗せたり、タコスチップにつけたりして食べます。

某アメリカ系ハンバーガーチェーン店に似たような商品がありますよね。
普通のチリコンカンは、金時豆(キドニービーンズとも言う。あずき色の大きめの豆)
を使うことが多いみたいですが、
私は、日本人になじみのある大豆で作ってみました。

ポークリンクスのざらっとした表面に、煮込んだ汁がよく絡んで
美味しくできました。

f0141419_6223010.jpg

ガーリックラスクとともに。


f0141419_625962.jpg

ご飯に乗せて、チリコンカンライスに。

シチュー感覚で食べられて、
ご飯のお供にもなるし、おつまみにもなる一品の出来上がりです。
これにビールがあればもう最高ですね^^

チキンリンクスを使ったメニューは、後日アップいたします。
お楽しみに♪


ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


[PR]
# by mahos-table | 2007-09-19 06:31 | main dish | Comments(8)