中華料理教室、修了☆
2007年8月某日

しばらく 通っていた、中華料理教室が修了しました。
中国人のプロの料理人から習う教室。
実際に厨房にはいってのレッスンは、毎回大興奮でした。

最後のレッスンだった今日は、牛肉の煮込みや、白菜のスープ煮や辛い水煮魚。

牛肉煮込み。
f0141419_7571394.jpg


白菜スープ煮。
f0141419_842181.jpg


試食します♪
f0141419_845657.jpg


水煮魚。煮た白身魚や野菜をボールにあげます。
f0141419_831053.jpg


そこに熱々の油をジュー!!
f0141419_855193.jpg


唐辛子がプカプカ浮いています。 辛くて美味しいです!
これ、上海に行ったときに良く食べました。
すごく美味しくて、作り方を習いたかったので、すごく嬉しいです。

でも、ならってみて思いましたが、家で作るのはかなり厳しい1品です。
でも作り方がわかっただけでも良かったです♪

中華は、下ごしらえをしておけば、あとはあっという間。
ぜーんぶきちんと用意しておくのがポイントです。
あとは一気に仕上げていくだけです。

プロの技にふれることができた料理教室。
調味料の分量など適当なので、目で見て感覚で覚えるしかありません。
プロの厨房を使ってやるので、
家庭用では思うようにいかないこともたくさんあります。

これから、家でいろいろ試作して、
家で作れるようにアレンジしなくては!!!

美味しく楽しかった料理教室。
中華料理店を開いている方たちも習いにいらしていました。

皆さん、お疲れ様でした。
そして先生やスタッフの皆様、ありがとうございました!



ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


[PR]
# by mahos-table | 2007-08-13 07:52 | school | Comments(8)
アジアンゴマダレ冷奴
2007年8月12日(日)

アジアンゴマダレ冷奴


冷奴はそのまま出すだけで、この暑い時期に重宝します。
のど越しよくて食べやすいし、しかも栄養満点です。

でもいつもお醤油で食べていると飽きてくるので、
バリエーションを楽しみたいものです。

f0141419_5103424.jpg


【材料】

絹豆腐・・・・・1丁

<ゴマダレ>
練りゴマ・・・・大さじ1
ナンプラー・・大さじ2
黒酢・・・・・・・大さじ1
砂糖・・・・・・・大さじ1
ゴマ油・・・・・小さじ1
ラー油・・・・・・少々

香菜・・・・適量



【作り方】

1.ゴマダレの材料を全てあわせて、よく混ぜる。
2.冷奴に1をかけて、刻んだ香菜をのせていただく。


エスニック風味たっぷりのこの1品。
このタレは、サラダにかけてもいいですね♪
またはスープで少しのばして、
冷やし中華のゴマダレにしてもいいかもしれません。

こんなに暑いと、「もう今日は冷奴だけでいいや」という
気分になりませんか。

そんな時、ちょっと気分を変えて、こんなタレを作ると、
少し食欲もでてくるかもしれませんね☆


ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


[PR]
# by mahos-table | 2007-08-12 07:00 | side dish | Comments(6)
豆腐とトマトの hot&sour soup
2007年8月11日(土)

豆腐とトマトの hot&sour soup

トマトのざく切りとくずしたお豆腐と小松菜が入った
栄養満点のスープです。

f0141419_13261118.jpg


【材料】

トマト1/2個
豆腐1/2丁
小松菜1/4束
水600cc
固形スープの素2個
塩コショウ
醤油ひとたらし

トッピング・・・・・バルサミコ酢
          タバスコ
          オリーブオイル


【作り方】

1.トマトはざく切りに、小松菜は食べやすい長さに切る。
2.鍋に水と固形スープの素を入れて煮立て、
  1の野菜とくずした豆腐を入れ、塩コショウ、醤油ひとたらしで味を整える。
3.器によそって、
  トッピングのオリーブオイル、バルサミコ酢、タバスコをお好みでかける。


f0141419_13321137.jpg


トッピングの調味料はお好みでどうぞ♪
バルサミコとタバスコで、すっぱ辛いスープにできます。
中華のスワンラータンも、タイ料理のトムヤムクンも、酸っぱ辛いですね。
夏に食欲増進すること請け合いです。
オリーブオイルでちょっとコクを出して。

後からトッピングすれば、味をお好みで調節可能です。

ちなみにこのスープを鶏がらスープにして、
トッピングをごま油、黒酢、ラー油にすれば、
中華風 hot&sour soupになりますよ♪

是非おためしを☆


ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ




  
[PR]
# by mahos-table | 2007-08-11 13:43 | soup | Comments(4)
インド料理教室―サモサなど―
2007年8月8日(水)

インド料理教室に行って来ました。

今日はサモサを作りました。

サモサは、インドのスナックのようなもの。
パイ生地のような皮の中に、じゃが芋でできた餡を詰めて、
揚げたものです。
インドでは駅や街角で売っているそうです。

まず生地を作ります。

f0141419_68523.jpg

生地にもスパイスが入ります。


f0141419_654539.jpg

中に詰める具は、ジャガイモとグリーンピース、それにスパイスが。



f0141419_664420.jpg

出来上がりは、カリカリさくさく、
中はスパイスの風味が効いた、ジャガイモペースト。
揚げたて、美味しいです!!!


それにチキンの入ったスパイシーなスープと、チャナ豆(ひよこ豆)のサラダ。
f0141419_6123599.jpg

スープ、すごく美味しかったです。
先生は、フランスパンにも合うとおっしゃっていました。


サモサは、肉類が一切入りません。
それでもうまみがあります。
またまたスパイスの世界に魅了されてしまいました。

最近は、日常の料理にも少しずつスパイスを使うようになってきました。
特にチャイ
これはテキメンに私の低血圧の不快な症状に効いてくれます。

このところ、ほぼ毎日飲んでいます。
スパイスは、もともと薬のように使われていたので、
薬効があるんですよね。
胃の調子をよくしたり、身体を温めたり。

そういえば、ロンドンに住んでいたときの家は、
私の前にインド人が住んでいたらしく、
キッチンには、スパイスのにおいがしみこんでいて、
しばらくにおいが取れませんでした。

このままいくと、我が家のキッチンも
スパイスのにおいが染み付くようになるのかも知れません!!
でもきっと自分じゃ気がつかないのかも!(笑)


ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


[PR]
# by mahos-table | 2007-08-11 06:30 | school | Comments(4)
バレエ鑑賞
2007年8月11日(土)

先日、「エトワール達の花束」というバレエを観てきました。

アレッサンドラ・フェリという「バレエ界のマリア・カラス」とも言われる名プリマ。
彼女の引退公演でした。

21歳でアメリカン・バレエ・シアターのプリンシパルとなった彼女。
日本でも絶大な人気を誇ります。

ガラ公演だったので、有名なバレエのエッセンスだけを観ることができ、
バレエにそれほど詳しくない私もとても楽しめたのでした。

ロミオとジュリエット、白鳥の湖、オテロ、ジゼル、ハムレット、シンデレラなど。
どれも知っている名前ばかりですよね。

バレエ鑑賞素人の私ですが、本物のよさは伝わりました。
見ていて鳥肌が立つほどのすばらしいバレエでした。

ひとつのことを極める、というのは、並大抵の努力ではありません。
また、ほかの事に気をとられたり、
ちょっと気を抜いたりすることもできないでしょう。
すごい精神力だと思います。

その努力を思うと胸が痛くなるくらいですが、
それほどすばらしい舞台でした。

オペラ、ミュージカル、コンサート、など、観劇にもいろいろありますが、
私はバレエを観るのが一番好きかも知れません。

今でもまだその余韻がのこっています。
非現実の世界に浸れた夜でした。



ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


[PR]
# by mahos-table | 2007-08-11 05:50 | theater, show | Comments(2)