人気ブログランキング |
カテゴリ:sweets( 66 )
プルーンジャム
先日、生のプルーンをたくさんいただきました。
大きくて美味しいプルーン。

生のままも美味しいのですが、
せっかくたくさんあるので、ジャムにしてみました。

ジャムと言っても、ただ煮るだけ。
しかも今回はお砂糖以外、お酒もレモン汁も何も入れていません。

f0141419_4472226.jpg

でも、プルーンの味だけでおいしくできました。
食べた人が、「何かお酒が入ってる?」と聞いたくらい。

レシピ、書くほどのこともありませんが・・・・。

【材料】
 
プルーン(生) 15個くらい
グラニュー糖  大さじ4


【作り方】
1.プルーンは洗って縦半分に切って種を取り出してから、
  1個を8等分に切る。
f0141419_4503330.jpg

2.鍋に入れて、グラニュー糖をふりかけ、水分が出てくるまでしばらく放置する。
f0141419_4513247.jpg

3.煮る。プルーンから水分がたくさん出てくるので、それを煮詰めるように。
  だいたい20分くらい。
4.清潔な瓶に入れて保存する。

f0141419_4531720.jpg

パンにつけたり、ヨーグルトに入れたり。
適度な酸味がいい感じです。
今度は、これをお菓子に使ってみようかな♪

ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ

by mahos-table | 2007-10-14 04:57 | sweets
中秋に月餅を。
2007年9月下旬

日本では中秋の名月のときに、お月見をします。
そのときいただくのはお月見団子。
最近はウサギの形をしたお饅頭なども、
和菓子屋さんで出回っています。

私は、お団子をピラミッド状に積み上げた、
いわゆるお月見団子を、一回やってみたいのですが、
いつも却下され続け・・・・・・。

デパ地下に家族でお月見団子を買いに行ったのですが、
結局今年もケーキを買わされる羽目に。

f0141419_9391127.jpg

レアチーズ、ベークドチーズ、桃のジュレ、コーヒーゼリー。

最近肉食で食傷気味の私は、おとなしくコーヒーゼリー。
(それでも食べるんですね・・・。)

このケーキ、ユーハイムのもの。
ユーハイムと言えば、バームクーヘンですよね。
我が家はみんな、大のバームクーヘン好き。
最近いろんなところで、美味しいバームクーヘを出していますが、
結局ここのオーソドックスな味が我が家の定番です。

でもクッキーなど他の商品も意外と美味しいんです。
隠れユーハイムファンです。
(別に隠れてないですが。 笑)

でも、ケーキをいただいたのは今回が初めて。
こちらもベーシックな味でした。



中国は、中秋の頃は、中秋節という祭日で、仕事も休み。
家族が集まり、お祝いをするのです。

月が丸いことから、家庭円満の象徴と考え、
月を見て、月餅を食べ、身内のことを互いに思いやり、
幸せで円満な家庭を望むのだそうです。
お互いに月餅を贈答しあう習慣もあるようです。

日本では、中華料理屋や中華街に行くと、
年中月餅が売られていますが、
中国では、完全にこの時期限定のもの。
そのことは、割と日本では知られていないようです。

f0141419_9515820.jpg

その月餅を、ジャスミン茶とともに。

嬉しいことに、今、
我が家には美味しいお茶と美味しい月餅がたくさんあります。

中国からの贈り物です。

私が初めて上海に行ったときに、何も知らずにそこらへんで買った月餅は、
全然美味しくなかったのですが、
やはり月餅にも美味しいものとそうでないものがあるらしく、
今回は上海在住の人が吟味して選んできてくれた美味しい月餅。

f0141419_9554732.jpg

こちら、あんこ入りの一番オーソドックスなもの。
ほのかに胡麻の香りがしてすごく美味です。

f0141419_957884.jpg

ただ、1個がものすごく大きい。
直径10cm近くはあろうかという大きさ。
しかもずっしりどっしり。 さすがの私も、これ1個いっぺんにはとても無理。

f0141419_9592274.jpg

ふと見ると、お湯飲みに茶柱が!!
中国のお茶だし、茶柱なんてあんまり関係ない??と思いつつも、
嬉しくて茶柱ごとゴクリ。
意外と茶柱太くて、のどに刺さりそう(笑)
なにかいいことありますように。

f0141419_1015662.jpg

中国のスタバにも月餅が売られています。
(食べて減っていますが。 笑)

f0141419_103448.jpg

こんなゴージャスな箱入り。
月餅の箱は、どこのものもかなりゴージャス。
中国らしいです。

f0141419_1042120.jpg

スタバの月餅、マンゴー風味。
普通の月餅とはちょっと違うお味です。
プーアール茶とともに。

f0141419_1061051.jpg

プーアール茶、一回分ずつ小さなブロック状に固められています。
包み紙にも小さな「福」の字が、
そして、お茶本体にも「福」の字が立体になっているのが見えますか。

f0141419_1083780.jpg

このポット、中国茶用のかなり小さなもの。
これに何度も注ぎながら、小さな茶器でお茶をいただきます。

ケーキに始まり、中国茶に終わった我が家の中秋節。
結局、私の夢であるピラミッド型お月見団子は、今年もかなわず。

来年こそは。。。。。。
家族に押し切られないよう
「お月見団子、ススキ、ウサギ」の、
オーソドックスジャパニーズお月見を目指します。


でも中国風お月見も、なかなか良いものでした。


ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


by mahos-table | 2007-09-30 10:22 | sweets
ラスク2種 & エシレバター
20007年9月20日(木)

ラスクが大好きです。
バゲットが余ったら作ります。

お店で買うラスクも好きですが、
あの味が家でも簡単に楽しめます。

置きっぱなしにして固くなってしまったり、
冷凍庫に長いこと入れっぱなしで干からびそうなものがあれば、
最適です。

かりっかりに焼き上げたラスクは、
いくつでも食べられちゃいます。・・・・危険です。

f0141419_8121785.jpg

こちらはシュガーラスク。
手前は仕上げにメープルシュガーをかけてみました。

f0141419_813778.jpg

甘くないラスク。
ガーリック風味です。
先日、チリコンカンの横に添えたもの。
おつまみにもなります。


【材料】
★バゲット 1/2本

スイートラスク  
      ★バター(有塩)大さじ1
      ★グラニュー糖大さじ1
      ★メープルシュガー(あれば)少々
ガーリックラスク
      ★バター(有塩)大さじ1
      ★すりおろしにんにく小さじ1/4
      ★パセリ(みじん)少々

【作り方】
1.バゲットは1cmほどの薄切りにする。
2.150℃に熱したオーブンで、15分焼く。
3.甘い方はバターとグラニュー糖を合わせて、電子レンジでと溶かす。
  ガーリックの方はバターとおろしにんにくを合わせて同様に溶かす。
  (20秒くらい。やりすぎると庫内に飛び散るので注意)
4.下焼きしたバゲットに3を塗り、もう一度150℃のオーブンで15分焼く。
5.仕上げに甘い方にはメープルシュガーを、
  ガーリックの方にはパセリをふる。

【ポイント】
★下焼きをする★
  ここでパンの水分を完全に飛ばすと、カリカリになります。

★オーブントースターを使わない★
 オーブントースターの火力は強いです。
 ラスクは低めの温度で、じっくりと水分を飛ばすので、
 オーブントースターだと表面だけが焦げてしまいます。

★有塩バターを使う★
 このラスクは、程よい塩味がポイントになるので、
 バターは無塩ではなく有塩を使うとちょうど良い味になります。



シュガーラスクは、小腹が空いたときのおやつや朝食に最適です。
ガーリックラスクは、パンの代わりに食事にあわせてもいいですね。

私は、料理教室で洋ものの料理をするときには、
必ずバゲットを用意します。
そしてバゲットはたいてい余ります。
そんなときにこのラスクを作れば、
固くなることを気にせずにバゲットを最後まで楽しめます。


先日、パリのお土産にエシレバターをいただきました。
ありがとうございます!
f0141419_8445956.jpg

このエシレバター、フランスのもので、
すごーく美味しいのです。

日本でも、スーパーなどで、小さいものが売られていますが、とても高いです。
フレンチレストランに行くと、
パンにこのエシレバターが添えられてくることがあります。

またはフランス料理のメニューにわざわざ「エシレバターを使った○○」などと
書いてあることがあるくらい、高級で美味しいバター。

日本で言うと、小岩井バターなんかに近いお味でしょうか。

これでラスクを作ったら、
バターの美味しさをたっぷりと味わうことができました。

自分ではなかなか買えないバターですが、
お土産でいただいて、堪能させていただきました。
ありがとうございました。

あ、でも、普通のバターで作っても、
このラスク、充分美味しくいただけます。
ご心配なく^^;



ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


by mahos-table | 2007-09-22 08:52 | sweets
あっさりあずきマフィン☆コーヒー風味
2007年9月13日(木)

レシピブログの「ゆであずきモニター」に当選し、
ゆであずきが送られてきました。


井村屋「あずきレシピ」参加中♪♪


f0141419_621132.jpg

ゆであずき大好きです。
今回はこれでマフィンを作ることにしました。

このマフィン、あっさりです。
バターを使わずサラダ油に、しかも卵は卵白のみです。

ゆであずきたっぷりの甘みの中に、コーヒーの苦味を効かせて、
ちょっと大人の味に仕上げました。

お子様用にはコーヒー抜きがよいでしょう。
コーヒー液は最後に乗せるので、
生地を作ってから、大人用、子供用、と分けて作ることが可能です。

f0141419_6255930.jpg


f0141419_6263570.jpg


【材料】(直径約6センチのマフィン10個分)

★卵白(L3個分)        100g
★グラニュー糖          90g
★井村屋ゆであずき(1缶)  210g
★サラダ油            40cc
★薄力粉              90g
★ベーキングパウダー  小さじ1/2
★インスタントコーヒー  大さじ1
★ラム酒          大さじ1

【下準備】
★材料は全て計り、粉類は合わせて振るっておく。
★コーヒーとラム酒をあわせておく。(簡単に溶けます)
★マフィン型に紙を敷いておく。
★オーブンを170℃に温めておく。

【作り方】

1.卵白をあわ立ててメレンゲを作る。
  最初グラニュー糖を入れず、泡がこんもりしてからグラニュー糖を半分入れ、
  更にきめが細かくなってから残りのグラニュー糖を入れしっかり泡立てる。

2.ゆであずき(飾り用に大さじ1くらい残す)とサラダ油を入れてゴムベラで混ぜる。

3.振るっておいた薄力粉とベーキングパウダーを、一度に入れ、さくさく混ぜる。

4.型にマフィン用ペーパーを敷いた中に生地を入れる。

5.インスタントコーヒーをラム酒で溶いたものを、マフィンの真ん中に少しずつ置いて、
  竹串でクルっと混ぜる。

6.飾り用に残したゆであずきを、上に飾り、
  170℃に予熱しておいたオーブンで20分焼く。



f0141419_6414747.jpg


f0141419_6432042.jpg


f0141419_6434853.jpg

割ってみると、真ん中にコーヒーの液が。
これがほろ苦くて、大人の味です。







あずきの和菓子とともに、コーヒーをいただくことがあります。
あずきとコーヒーって意外と合うのです。

そこで、あずきにコーヒーを合わせたお菓子が
美味しいのではないかと思い、このレシピを思いつきました。

夏が終わり、涼しくなって、寂しい気分になりがちなこの時期、
こんなほろにがが効いたあずきマフィンで、
しっぽりとお茶タイムはいかがでしょうか。



ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


by mahos-table | 2007-09-14 06:57 | sweets
お誕生日にローズヒップシャーベット
2007年8月28日(火)

いつも読んでくださっている皆様、
先日は、私のお誕生日の日記で心温まるコメントを
ありがとうございました。
歳をとるのもまんざらでもないな、という気分になれました^^

さてさて、
フードコーディネーター仲間でやっているブログ、
bonbonレシピの私の当番がやってきました。

f0141419_672138.jpg


自分のお誕生日近辺のときは、お誕生日特集レシピにするということで、
ケーキでも作ろうかと思いましたが、
この暑さでケーキを作る気になれず、さっぱりシャーベットを作りました。
レシピはこちら

ローズヒップのティバッグでつくれてしまう
超簡単お手軽レシピです♪
適度な酸味で、お口がさっぱりしますよ。

しかし、いつまで経っても蒸し蒸しと暑いですね。。。。
このシャーベット、食欲のないこの時期に、食欲アップの効果もあります。
よくレストランとかで、お口直しの箸休めデザートが出ますね。
あれにもピッタリかも知れません。

こんなに暑い時期だというのに、私は食べてばかり^^;
それでも少しは食欲が落ちているので、
このくらいがちょうどいいのかもしれません。

でも秋はもうすぐ。
涼しくなって、美味しいものもたくさん出てくる秋が
楽しみなような恐ろしいような・・・・・。

皆様、夏の終わりにどっと夏の疲れが出ませんように!


ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


by mahos-table | 2007-08-29 06:13 | sweets
<旬果物>マンゴーフラペチーノ風
2007年8月19日(日)

マンゴーのフローズンデザートを作ってみました。

f0141419_5343976.jpg


フードコーディネーターの仲間でやっているブログ、
bonbonレシピにて、
作り方を紹介しています。
混ぜるだけのとっても簡単なデザートです。
是非ご覧になってみてください。

ここでマンゴーの栄養について。
マンゴーの濃い黄色はビタミンA。
にんじんなどにも含まれるカロチンがとても豊富。
まだビタミンCも豊富で、甘い割にカロリーが低いので
美容にも良いとされています。

マンゴーの種類は大きく分けて
1.赤くて丸い大きなメキシコマンゴー
(見た目がリンゴに似ていることからアップルマンゴーとも呼ばれます)、
2.黄色くて細長く、小さめなのが、フィリピンマンゴー(その形から、ペリカンマンゴーとも呼ばれます)
があります。

どちらも熟せば甘くて美味しいです。
フィリピンマンゴーの方が安くてお手頃です。
今回のフラペチーノ風は、どちらを使っていただいてもOKですが、
メキシコマンゴーはフィリピンマンゴーよりかなり大きいので、
メキシコマンゴーを使う場合はそのほかの材料を倍くらいにして
調節してください♪


ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


by mahos-table | 2007-08-20 05:43 | sweets