人気ブログランキング |
<   2008年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
料理教室スケジュール & キッチンリフォーム開始
5月6月の料理教室のスケジュールを
ホームページにアップいたしました。


大人世界各国クッキングクラス

フラワー&ケーキクラス

キッズクッキング


上をクリックしていただくと、それぞれの画面に飛びます。

空き状況が明記してあります。
もうすでに、満席のレッスンや、
残席わずかのものも多いので、
ご希望の方はお早めにご連絡いただけると嬉しいです。

ご予約はこちらから♪


そして、生徒さん用には、
7月のスケジュールも出しています。
7月のご予約をご希望の方は、
こちらからお問い合わせください。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


さてさて、
いよいよキッチンリフォームが始まりました。

キッチンのものを全て出し、
20年以上働いたキッチンにさようなら。
f0141419_617164.jpg

息子は、「今までありがとうーーー」と、
古いキッチンにハグしていました^^;
冗談みたいですが、
この人のやることは、全て本気です(笑)

私もつられてキッチンにハグ。
お世話になったものね。
ここに引っ越して5年。
どれだけの料理をこのキッチンで作ったことか。


そして翌日には見事取り去られました。
f0141419_6193283.jpg



しばらくはキッチンなしの生活です。
子供たちは、カップラーメンが食べられる!と
とても喜んでおります・・・・^^;

でも実は私もちょっと楽しみでした。
普段あまり食べる機会のないカップラーメン。
f0141419_6214946.jpg

主婦としては、カップラーメンを家族に食べさせることに、
抵抗があったりするものですが、
キッチンリフォームとなれば、堂々と(笑)

意外と美味しいんですよね♪
でもずーっとだと飽きてきます。

そんな中、
ご近所の皆様が、
温かい手作りのお料理を差し入れしてくださいました。

ありがとうございます(涙)
やはり手作りは身にしみてオイシイです☆


築20年、60㎡の狭くて古い我が家。
でもなぜか私はこの家をとっても気に入っているのです。

家を決めた5年前、
さんざん一戸建てや、新築マンションを見たのですが、
中古のこの物件を見て、何かがピーンと来たのです。

なんの変哲もないマンションなのですが。

そのいとおしい我が家。
今回はキッチンだけのリフォームですが、
どう生まれ変わるのか、とても楽しみです☆



にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
by mahos-table | 2008-04-30 06:40 | schedule
春野菜ミネストローネ & お砂場理論
もうすぐ5月。

新緑が眩しい季節になってきました☆

春、と言うより、
そろそろ初夏に向かう時期ではありますが、
まだまだスーパーに並びます・・・春野菜たち。

特に、春キャベツと新たまねぎは、
別ものかと思うほど、違った味わいです。

今のうちにたっぷりと味わいたいと思い、
これらを使ったミネストローネを。

f0141419_5191023.jpg

春野菜ミネストローネ


ほかの具はあまり入れず、
この2品を楽しむスープです。


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


【材料】
春キャベツ 1/2個
新たまねぎ 1個
大豆水煮 300g
トマト 1個
にんにく(みじん) 1かけ
オリーブオイル 大さじ2
白ワイン 大さじ1
固形スープの素 2個
ベイリーフ 2枚
水 1リットルくらい(具を入れてひたひたになるくらい)
塩コショウ

【作り方】
1.春キャベツはざく切りに、新たまねぎとトマトは粗みじんにする。
2.大きめの鍋に、にんにくとオリーブオイルを入れ、
  低温で香りを出したら、その他の野菜(大豆含む)を全て入れて炒め、
  白ワインを入れて、アルコールを飛ばす。
3.具がひたひたになるまで水をいれ、
  固形スープの素とベイリーフも入れて煮込み、
  具がくたくたに煮込めたら、塩コショウで味を整える。
4.器に盛り、お好みでパルミジャーノをおろして加える。


f0141419_5282178.jpg

いつもミネストローネには、
もっと具をたくさん入れます。
ピーマン、ズッキーニ、ジャガイモ、インゲン、ベーコン、などなど。

でも今回はベーコンすら入れず、
たまねぎとキャベツの甘みでいただきます。

トマトも控えめにして、
あまり酸味が強くない、やさしいお味です。


スープの具を切っているときに、
娘が、
「私もやりたい」とキッチンにやってきました。


いつものように、キッチンに台を持ってきて、
その上にまな板を乗せて切ります。

嬉しそうにキャベツを切る娘を見ながら、
先日、生徒さんが話してくれた、
お砂場理論を思い出しました。


お砂場理論・・・・と言うと何か大仰な感じですが、
お話はとてもシンプルです。


子供ができると、
歩くようになったら、たいていの子が公園で遊びます。

子供は公園が大好きです。
特にお砂場・・・・。


わが子たちも、
最近こそあまり行かなくなりましたが、
今でも私が狭いベランダで土いじりをしていると
やりたがります。
お砂場も大好きでした。

お砂場では自分ワールドを作ることができるのです。
無心に山を作って、トンネルを掘って。
そこから水を流して。

自分にもそんな作業に夢中になった経験があります。
そういう時って、自分の頭の中で物語を描いています。

このトンネルを電車がくぐって。。。とか、
自分がこのお城の王女さまで。。。とか。


しかし、延々と続くお砂場遊びに、
付き添いの親たちは、時計をちらちら。

「さあ、もう帰る時間だから、片付けて!」と怒鳴る。

「いやだ、まだ遊びたい」

「いいから早くしなさい」

「やだ!!」

「あと10秒以内!10、9、8、・・・・」

「やだーーーー(泣き叫び)」

(親、泣き叫ぶ子供を引きずって帰る)


・・・・うんうん、身に覚えがあります。



もちろん、親には予定があります。
家に帰って夕飯も作らなくてはなりません。

一方子供は暇です。
でも暇、というのは、大人から見た子供であって、
子供にとっては、
お砂場で遊ぶことに真剣に取り組んでいるので、
とても忙しいわけです。


長くなりましたが、
お砂場理論、と言うのは、
「子供のやりたいことを認めて、
自分(大人)の都合でそれを断ち切らないように」
と言うことです。

お砂場で遊びたいという
子供の気持ちを理解して、尊重する。

だけど延々と子供の言いなりになって付き合う、
と言うことではありません。

子供が納得のいくように、
説明することが大事なのです。

まだ1歳の子に、何を言ってもわからない、
と思うかもしれません。

でも、無理やり引っ張って連れて帰られるより、
「ママにはこういう理由があって、
早く帰らなくてはならない」
と言うことを説明するのです。

たとえ言葉の細かい意味がわからなくても、
ママが何かを真剣に伝えようとしている、
という気持ちが少しは伝わるはずなのです。


子供は親のロボットではありません。
どんなに小さくても、意志がある、一人の人間です。

それを尊重しましょう、ということです。


お砂場を引き上げるときに、
お互いが納得のいくように話し合うことをしてきた親子には、
信頼関係が生まれます。

「自分を尊重してくれている」
「自分のことを理解しようとしてくれている」
という親子間の絆が、培われるのです。


これは大きくなってから差が出ます。

頭ごなしに言うことを聞かせてきた親の言うことを、
思春期になった子供が聞くわけがありません。
もちろん、自分の気持ちを親に言うこともしないでしょう。

「どうせこの人に言ってもわかってもらえない」
と言う気持ちが、小さいころから刷り込まれてしまうからです。

ううう、このお砂場理論、
もっと早く聞いておけばよかったです。

上、もうすぐ11歳、下、もうすぐ8歳。

もう遅すぎるでしょうか。
その生徒さんは
「そんなことないですよ、今からでも」
と言ってくださいました。

でも、実際にはなかなか難しいですよね。
子供の言いなりになって
甘やかすこととは違いますから。


せめて、今の私にできることと言えば、
子供に、料理をさせてあげることくらいです。

料理だけは、
本当に危ないこと以外は、やらせます。
そのおかげで、ずいぶん役に立つようになってきたし(笑)


いつか、子供の作った料理を
据え膳で食べられたら幸せです♪


いいお話をありがとうございました^^


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑久々に、子供とお砂場に行ってみようかな↑
by mahos-table | 2008-04-29 06:00 | soup
旬彩料理やまなか @神田
おいしい小料理屋さんに行きました。

神田やまなか


和食のお店には、
なかなか自分では行かないのですが、
本当は大好きなのです。

ただ、いいお店を知らないだけで・・・・。

和食と言うと、
寿司か鰻か焼き鳥か・・・になってしまい(笑)
だからいつも誰かに連れてきてもらうことが
多いです。


このお店は、尊敬するある方の行きつけ。

小さなお店で、
とっても腕のよい3兄弟が切り盛りしています。
10席くらいしかないカウンターに
座ります。

神田駅ガード下にあります。
知らないとなかなか行かない場所です。


まずはお刺身
f0141419_631024.jpg

美しさにまず感動。
日本料理は包丁さばきが命。

しめさばのように見えるのは、確かサワラ。
うまい・・・・。



f0141419_634265.jpg

ちょこちょこと出てくる品も、
全て絶妙の味付け。

こういうお店って、味が物足りないことも多いのですが、
(あまりに京風すぎると、味が足りない、と感じてしまうことも)
ここのは、バッチリ。
濃すぎず薄すぎず、とにかく好みの味です。

焼きタラバ
f0141419_6373359.jpg

私の好きな背の青いお魚も一緒。
このタラバ、
生きていたものを茹でずにそのまま焼いているそうです。
甘くて、身がしっかり!!
焼き蟹に目がない息子に怒られそう。息子、ごめんよ。

若竹煮
f0141419_6391038.jpg

たこも一緒に。
たこさん、いとやわらかし!!


この日は、前後のあまりの多忙さに、
ちょっと胃の調子がおかしくて、
お酒はやめておこう、と思っていたのに・・・
f0141419_6411224.jpg

百年の孤独を前に、あっさりと前言撤回。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ

さざえの煮物
f0141419_6403033.jpg

さざえ・・・だったよね、すでに酔っ払いです(笑)
ソラマメがにくい♪


f0141419_6432139.jpg

このサラダのドレッシング、是非真似したいです。
大将によると、にんじんドレッシングだそうです。
まろやか。


f0141419_6443462.jpg




特製おにぎり
f0141419_6463159.jpg

食事にはざるうどんを頼んだのですが、
味見に、と大将が作ってくれました。

おかか&じゃこのおにぎり。
こういう風に混ぜ物をすると、
ご飯がばらばらになって
うまくくっついてくれないことが多いけど、
しっかり、おにぎりになってます。
しかもこれまた絶妙の味加減。とても好み。


まだ食べるのか、ざるうどん。
f0141419_649112.jpg

稲庭風ですが、稲庭うどんではなく、確か西のほうのうどん。
(名前忘れました。大将ゴメンナサイ><)


胃の調子が悪かったはずなのに、
結局すべて完食。
お酒まで飲み・・・・・私っていったい・・・・。



こういうお店って結構高いけど、
こういうお店の割には、リーズナブルな気がします。
何しろ味は間違いありません!


お一人様でも大丈夫なこのお店、
また行きたいです☆



にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑わざわざ行く価値あり↑
by mahos-table | 2008-04-28 06:54 | restaurants
キッズクッキング「アサリのスパゲッティ ナポリ風」
4月のキッズクッキングのレッスンが
全て終了しました。


今回のレッスンメニューはイタリアン。
「アサリのスパゲッティ  ナポリ風」

f0141419_6365491.jpg


スパゲッティ食いの我が家でも
この時期はかなりの頻度で登場するこのメニュー。

ナポリ風なのは、
たくさんのプチトマトがはいるから。
ナポリのトマトはうまいです!!!
でも、日本のプチトマトでも、充分美味しくできます!


旬のアサリがたっぷり入ります。
アサリとトマトのうまみだけでいただく、
超超シンプルレシピ。


「え、本当にこれだけでおいしいの??」という
驚きのレシピなのです。

まさに引き算レシピ。

色々調味料足したくなるのをぐっとこらえて、
素材のうまみを味わいます。


その代わり、素材の扱いは丁寧に。


アサリの砂抜きの最中に、
アサリが動いたり、水を飛ばしたりするのを見て、
大きい子も小さい子も大興奮!!!

「ギャー、気持ち悪い!!」
「面白い、もう一回見せて!!」

アサリの殻の模様に注目している
お子様もいました。
貝によって、柄が様々なのです。
どうしてあんなふうにいろんな柄ができるのか、
自然のものって不思議ですよね。

大人だと、見過ごしてしまうところを
子供は疑問に思い、着目します。
子供の視点って本当に面白いです。


f0141419_6423278.jpg

パスタをゆでている間に、
みんなでソースを作ります。

アルデンテに茹で上げる方法についても
伝授したつもりですが・・・・。

保護者の方々、
お子様から聞いても手順がわからなければ、
いつでも連絡くださいね☆


意外と、
アサリが苦手ってお子様が多いのですね。

でもみんなにつられて食べていました。


f0141419_6451878.jpg

いただきまーす。


f0141419_648466.jpg

大きいお姉さんたちも。

「うちはパパがアサリのスパゲッティが大好きだから、
お持ち帰りたくさん入れてね」
これ、パパさんが聞いたら泣きますよね(T.T)

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


みんなでパスタを楽しんだ後は、
お楽しみデザート♪

今回はプリーン☆
f0141419_6512659.jpg

パスタ残してた子も、こちらはペロリ。

型からは、みんなに出してもらいました。
バニラビーンズの入った本格派ですよん♪

今の子は、
黒い粒々のバニラビーンズが入っていても
驚きません。


私が子供のころには、
バニラビーンズ入りなんて、なかった・・・・・^^;



このプリン、気に入ってくれたお子様が多く、
「先生、
これ買いたいから、来月のレッスンのときまでに、
10個作っておいてください!」
と注文まで入り・・・・。

うれしかったです。


またキッズクッキングで、
たくさんの元気をいただきました!


みんな上手にできました☆
また来月、会えるのを楽しみにしています。



・・・さあ、
リフォーム前のレッスンが全て終了したので、
これからキッチンのものを全て出す作業にかからねばなりません。
何もやってないから大変だぁ~~!!

新しいキッチンのため、頑張りまーす♪


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑キッズパワー全開!↑
by mahos-table | 2008-04-27 06:59 | kids cooking
シンプル焼肉わさび醤油風味
松坂牛をいただきました。
めったにないことです。

ありがたく、素材の味を生かすべく、
シンプルにいただくことにしました。


f0141419_555151.jpg

シンプル焼肉 わさび醤油風味

レシピブログの、[特選]ジャパニーズスパイスでアイディアレシピ☆




【材料】
薄切り牛肉 300g
塩コショウ
ハウス特選生わさび 好きなだけ
キッコーマンもろみ醤油 好きなだけ


【作り方】
塩コショウした牛肉を、熱したフライパンでさっと焼き、
生わさびともろみ醤油でいただく。



今日のレシピこそ超簡単すぎ。
包丁要らず。

料理しない人でもできちゃいます。

それなのに抜群にうまい!!!

f0141419_6261093.jpg



普通の醤油だときつすぎる味でも、
もろみ醤油だと塩分や口当たりもやわらかいので、
直接つけていただくのにとても良いのです。

生わさびの風味がまたたまりません。
チューブ開けたては、わさびおろしたての風味です!


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


そしてもう1品。
もろみ醤油を使ってお手軽な副菜を。

f0141419_68168.jpg

ほうれん草のシラス炒め もろみ醤油風味

あ、この器、
娘が保育園時代に
深大寺で陶芸をやってきたときに作ったもの。

保育園の遠足が、
深大寺訪問、近くで陶芸製作、そして名物のそばをお昼にいただく、
という超シブいツアーだったのです。

シブい物好きの娘にはバッチリハマッたらしいです(笑)

そのときの器をたまには使ってみようかと。


f0141419_6111936.jpg



【材料】
ほうれん草 1/2把
サラダ油 大さじ1/2
シラス 30g
キッコーマンもろみ醤油 大さじ1弱


【作り方】
1.ゆでて4~5センチ幅に切っておいたほうれん草を
  サラダ油を入れたフライパンで、シラスとともに炒める。
2.最後にもろみ醤油をジューっと回しかけて和える。


非常にシンプルですが、こちらもおいしいです。
もろみ醤油の効果でしょうか。

ほうれん草のおひたしって、嫌いではないのですが、
いつも同じだと飽きてきます。

たまにはこんな変化球でいかがでしょう♪



今日の2品、
2つ作っても10分くらいです。
でもこれで立派な晩ごはんのできあがり~☆

忙しい日の夕飯に是非!


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑楽チン大好き↑
by mahos-table | 2008-04-26 06:21 | main dish
教室・・・苺のショートケーキ&トピアリーツリーアレンジ
4月のフラワー&ケーキのレッスン。

ケーキの王道、苺のショートケーキ。

これを押さえておけば、大活躍間違いなしの1品です。
万人受けするので、
ずっとお祝いケーキのトップを走り続けていますよね。

わたしにとっても、お祝いのケーキと言えばこれです。

f0141419_614599.jpg


丸いスポンジで焼いて、
スライスして焼くケーキが多いですが、
私は天板で薄く焼いて、四角いケーキにするのが好きです。

スポンジは10分で焼きあがる上に、
ケーキをスライスする手間がありません。

丸いケーキを、均一な厚みにスライスするのって、
かなりの至難の業です・・・・。

f0141419_6152046.jpg

生クリームで覆われたケーキをカットすると、
何層にもなった断面が出現します。
ここで、また「わぁ~」と驚いていただけること請け合いです(笑)


いっただきまーす♪

f0141419_6421957.jpg

甘さ控えめ、軽いのでペロリ、といけちゃいます♪

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


そして今回のお花。
f0141419_618428.jpg

トピアリーツリーアレンジ。

トピアリーツリーとは、
ヨーロッパなどのクラッシックな庭園にある、
丸く刈り込まれた木のことです。

その形に似たアレンジと言うことから、
この名がつけられました。

さまざまなトピアリーツリーのアレンジがありますが、
今回は、ガーベラを使って、簡単にできるアレンジを。
f0141419_6202451.jpg



f0141419_6441195.jpg

これは2つとも生徒さんの作品です。
売り物のように上手にできました!

いつもは、アレンジの基本形が多かったのですが、
今回はモダンなアレンジに挑戦してみました!

今回は、母の日をイメージしたテーブルセッティング。
ガラでもないのですが(笑)、ピンクでまとめてみました。


この教室では、
またまた生徒さんから貴重なお話を伺うことができました。

子育てについて。

「お砂場理論」なるものです。


このお話はまた次回ゆっくりとしたいと思います。




それから・・・・・

先日のスペイン料理のレッスンの模様を、
生徒さんがブログで紹介してくださっています♪
ありがとうございます^^
とってもきれいにアップしてくださっているので、
ここでご紹介しちゃいます☆→こちらをクリック!


先日生徒さんと行った南インド料理、
この方この方がアップしてくださっています。
わたしの記事より、雰囲気わかるかも!


もうひとつ。

先日紹介したレシピ、「チキンのトマト煮」が、
ウーマンエキサイトの「おいしい!」で紹介されています♪
いっちゃんが「載ってるよ」と教えてくれました!
いっちゃんありがとう~^^
そしてエキサイトさま、いつもありがとうございます☆



では、今日も、皆様にとってよい日になりますように!
(今日は給料日の人が多いはず。しかも金曜!うふふ☆)


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑ケーキと言えばショートケーキでしょう↑
by mahos-table | 2008-04-25 06:40 | maho's table
南インド料理「ニルヴァナム」アゲイン♪
先日、生徒さんに教えていただいて行った
ニルヴァナム

神谷町のビジネス街にある南インド料理レストラン。

先日行ったときの話を聞いて、
「行ってみたい」という生徒さんたちの希望で。


教室以外で、こうして一緒にご飯を食べるのは、
とても楽しみなことです。

教室のときは、私はとてもバタバタしているので、
いろんなお話はするものの、
ゆっくり落ち着いて、と言う感じではありませんが、
レストランでのお食事は、リラックスして。


ランチバイキングで、
気軽に南インド料理が楽しめます。
しかも1100円で!!


ビジネス街なので、12時には満席になってしまい、
並ぶことになるので、
11時半の開店と同時に突撃。


f0141419_56076.jpg


手前が卵のカレー、奥はサンバルというスープ状のもの。
ドーナッツみたいなのは、
大豆を発酵させたものを使って作ったワダというもの。

卵のカレーは、ゆで卵がたっぷり入っていました。
辛味に卵がよく合います。



f0141419_59544.jpg

当然第2ラウンド。
ココナッツ風味のチキンカレーとラムカレー。
うん、やっぱり美味しいです。

インド料理を習っているのですが、
そこで習う南インド料理の味と、変わらないです。

この後、タピオカ入りの温かいデザートもいただき、
最後には南インドコーヒーも頼みました。


・・・・しかし、この日、写真を撮ろうと思ったら、
バッテリーの充電切れ><

上の写真は、一緒に行った生徒さんのカメラで
撮らせていただいたものです・・・・^^;


料理も美味しかったけど、
皆さんと世界各国の料理の話で盛り上がり、
楽しいランチタイムとなりました!


この後、この店のすぐ近くの
知る人ぞ知るアイスクリーム屋さん、sowaへ。


季節限定のこちらをいただきました。
f0141419_5184541.jpg

ストロベリーランド。
これは、ソフトクリームに、
その場でつぶしたイチゴを混ぜて作るもの。
季節限定、5月の頭までです。

ソフトクリーム自体も美味しいし、
フレッシュなイチゴとの相性も抜群です!

最近には珍しく、気持ちよく晴れ渡ったこの日、
お店の外で美味しいアイスを食べながら、
またまたお話は尽きることなく・・・・。

生徒さんで、ほうじ茶アイスなるものを食べた方もいらして、
一口いただいたら、これまた美味しい。
ほうじ茶の香りが口いっぱいに広がります。

このお店、
たぶんここにしかなくて、土日休み。
しかも、平日も夕方6時か7時で閉店なのです。

やっぱり、平日のランチで行くしかありませんね。
このアイスクリーム屋さんと、南インド料理は、
今後のセットメニューとなりそうです♪


来てくださった皆様、
ありがとうございました!

またこういう会を時々やりたいです。


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑研究、と称して、食べてばかり(笑)↑
by mahos-table | 2008-04-24 05:27 | restaurants
アボトマドッグ
朝食に、ホットドッグを作りました。


ソーセージだけでなく、アボカドとトマトをはさんだもの。
超簡単ですが、子供たちはこれが大好きです。

f0141419_5372068.jpg


レシピはこちらから。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


ホットドッグの名前の由来を、
ちょっと調べてみました。

アメリカ発祥のもので、
犬の肉が使われているから、
といううわさが流れたこともあったらしいです@@

でもそれは、
ホットドッグという名前から連想して、
後からうわさされただけとか。


前から不思議に思っていました。
なぜ、「熱い犬」????


形がダックスフント似ているため、
野球場で「レッド・ホット・ダックスフント・ソーセージ」と呼ばれていたとか。

それが後に、
ダックスフントと書くのが面倒でホットドッグになったそうです。


ダックスフントに見立てたのだとすれば、
「熱い犬」の直訳通りの意味でよいのですね。


そう言われると、
なんだかダックスフントに見えてきました(笑)



今回間に挟んだトマト、
すっごく美味しかったのです。

土佐のまほろばトマト。
f0141419_546299.jpg



一瞬フルーツかと思うほど甘い!
感動しました。




↑ネットでも買えるみたいです。
やはりお値段もいいです・・・・^^;



また「熱い犬」食べたい、
という子供たちのリクエストが!!

熱い犬用パンを買いに走らねば!(笑)


にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑アメリカンな朝食↑
by mahos-table | 2008-04-22 05:52 | breakfast
料理教室―スペイン料理 チャングロ、白身魚のサルサヴェルデなど
4月の料理教室のメニューは、スパニッシュ!



いいねーー、ラテン系なキャラの私、
ラテン系の料理も大好きです。

ちょっとアバウトで豪快で、美味しくて。


スペインに行ったときも、
スペイン人は明るくて気さくな人たちでした。
子供が好きらしく、
まだ赤ちゃんだった息子を見ると、
いろんな人が話しかけてきます。

挨拶だけスペイン語ですると、
その後一気にスペイン語でまくし立ててきました。
たぶん「息子、かわいいね」
ということ+アルファをしゃべっているのですが、
私たちにはまったくスペイン語がわからない・・・・。

日本語で、「全然わからないんですけど・・・」と答えても、
スペイン語でしゃべり続けてました(笑)

ああ、陽気なスペイン人。




さて、日本ではスペイン料理と言えば、
パエリアか、スパニッシュオムレツか、
くらいがよく知られているところですが、
ほかにも色々、美味しい料理があるのです。



今回のメニューはシーフード三昧♪


前菜は産地直送の美味しい活き蟹を使った
チャングロという料理。

f0141419_67178.jpg


活き蟹なので、蟹の甲羅も使えます♪


教室の前日に、毎回活きたかにが到着!
f0141419_683229.jpg

わおーー、贅沢ですね♪

しかし、実は、
私、活きたものを料理するのが苦手なのです・・・・。
料理家なのに、こんなこと大きな声で言えませんが(笑)

でも美味しいメニューを作るため、頑張りました!
f0141419_6101155.jpg

我が家にある一番大きな鍋で、
生きた蟹をゆでます。
しかも水から・・・・・。 これまた残酷><



こんなにいい蟹を使って、
贅沢な料理教室ができたのも、
福島の大徳丸というところから、
お話をいただいたからなのです!

ありがとうございます。



今回は、生徒さんに、
蟹の身を出すのを手伝っていただきました!
f0141419_615626.jpg

みんなでやると、早い早い。


ご協力ありがとうございました。
f0141419_6155191.jpg



皆さんで身を出していただいた蟹、
そのまま食べてももちろん美味しいのですが、
このチャングロという料理、
この蟹の身を、シェリー酒とブランデーをたっぷり入れて煮込み、
更にオーブンで焼いたもの。

試作するときに蟹缶を使っても作りましたが、
前日まで活きていた蟹を使って作るのとは断然味が違います!

蟹の身が甘いのです。


チャングロという料理は、
その昔、スペインで女人禁制の居酒屋があり、
そこで密かに食べられていたというもの。

生徒さんたちからも、
「私も家で密かに1人で食べたい!」と
おっしゃっていただいたほどです(笑)



そして今回のメイン。

白身魚のサルサヴェルデ
f0141419_6221510.jpg

生たらと、今が旬のアサリをたっぷりと使ったメニュー。
パエリア鍋を使って作るので、
鍋のままテーブルに出せます♪

たらとアサリのうまみがぎゅぎゅっと凝縮されて、
とろみのついた白ワイン風味のヴェエルデソースを、
パンにつけていただく幸せったら・・・・・^^

サルサ=ソース、ヴェルデ=緑です。
緑のソースの意味です。
緑は、みじん切りにしたパセリがたっぷりと入るから。


スペインには4色の料理があるといわれています。

黒=イカスミ、赤=トマト、黄=サフラン、緑=パセリ


生徒さんたちは、
新しいスペイン料理の世界に感動してくださいました♪

今回の2品は両方とも、
スペインの北、フランスとの国境近くに位置する
バスク地方の料理です。


豪華に見えますが、作り方は結構簡単です。
(私が教えるのは、そんなものばかりですが。笑)

どちらの料理もお酒が入るので、
白ワインやシャンパンにぴったりだと思います。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ

そして別腹デザート。
f0141419_6291544.jpg

ジプシーの腕、と言う名のロールケーキ。

フランスなどでも、
ロールケーキをヴィーナスの腕にたとえたりします。

薄く焼いたスポンジに、カスタードクリームがたっぷり♪
スペインのお菓子は、フランスと比べると、
素朴なママのお菓子、と言った印象が強いです。

スポンジにはバターが入らず、素朴であっさり。
カスタードクリームも、
フランスのように生クリームと合わせることもなく、
あっさりシンプルなもの。

スポンジをきめ細かく、やわらかく焼き上げないと、
ロールケーキですから巻くときに割れてしまいます。


巻き寿司のように、上手にロールケーキを巻くコツを
お教えしました。


f0141419_6341711.jpg

プルンプルンのカスタードがたっぷり。
卵とお砂糖のお菓子は、幸せの味がしませんか。


この1ヶ月、
いったい何本このロールケーキを焼いたことでしょう(笑)
でも何回食べても美味しかったです。


おまけ:

残ったチャングロとサルサヴェルデを合わせて、
簡易リゾットを作りました。
f0141419_78028.jpg

お水を足して、そこにご飯を投入。
お米から炊かないので、リゾットと言うよりおじやでしょうか。
シーフード同士だから合わせても美味しい。
残り物ながら、とても豪華なリゾットになりました♪



4月は天気が安定せず、
雨の日のレッスンも多くありました。

そんな中、足を運んでくださった皆様、
どうもありがとうございました。


来月のレッスンの時には、
キッチンが新しくなっているはずです・・・・・。


皆様どうぞ、お楽しみに♪



にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑スペイン料理万歳↑
by mahos-table | 2008-04-21 06:41 | maho's table
kisala(喜皿) @赤坂
久々に赤坂に行ってきました。

去年の娘の七五三以来です。


まだオープンして1周年のkisala(喜皿)

若くして美食の王様と言われる
この方もおススメの店なのです。 


和食、ワインダイニングを選べます。
今回私たちがいただいたのは和食のコース。


人数が10名でしたので、個室を予約。

お品書きを見ると、
なんと九の皿まであるではありませんか!!
f0141419_5395373.jpg

f0141419_540936.jpg

わーい、楽しみです☆


まずは一の皿。

f0141419_5382432.jpg

甘鯛の白子包み 柚子餡

1品目から美味しい。。。。
だしの味が利いた柚子餡がたまりません。


二の皿
f0141419_5412663.jpg

伊勢海老のしんじょう。


三の皿
f0141419_5423249.jpg

す、すごいです、鶴亀のカービングが添えてあります。
料理長が、包丁1本で彫ったとか。
タイ料理のカービングもかなりの感動ものですが、
こちらもすごい!!
お造りは、もちろん美味なり。 しまあじ最高☆



四の皿
f0141419_5443147.jpg

なんと12種類の料理がちょこちょこと。
それも1つ1つ手が込んでいます。
こういうの、女性はすごくうれしいけど、男の人は食べた気がしないのかも^^;



五の皿
いとよりのけんちん
f0141419_5462671.jpg

枝豆、蕗、にんじんとともに、ふかひれあんで。
全体的にとても上品でよいお味です。



そしてようやくメインディッシュ!
六の皿
和牛三珍味焼き
f0141419_5482421.jpg

一口でパクッと食べられてしまう和牛。
口の中でスーッととろけるほどやわらかくて美味しいです。

確か3つともそれぞれに味が違ったのですが、
このころは、酔っ払っていて、よく覚えていません(笑)


飲んだのは、ビール、ワイン、焼酎。
オーストリアの白ワインと言うものを
初めていただきました。

美味しかった☆



そしてホタルイカ。七の皿。
f0141419_5504964.jpg

私がスーパーで買うのとは違う、
ぷっくりとおおぶりのホタルイカ。

巨大なタピオカのようなものが入っていました。
つるんとして、美味しい。


八の皿
こちらも旬の筍ご飯。
f0141419_5525152.jpg

日本ほど季節感を大事にする国はないと思います。
お茶を習っていてもつくづく感じます。
f0141419_5535216.jpg

しじみ汁に香の物。
やはりシメはこれでなくちゃ。


九の皿
デザート☆
f0141419_5544827.jpg

シナモン長いも、桜とイチゴのソルベ、利休団子。
一風変わったスイーツばかり。


大満足のコースでした♪



実はこの会は、
私のために催されたものでした。

皆様、本当にありがとうございました♪
最後には感動して泣いてしまった大人げのない私でした^^;
ああ、恥ずかしい・・・・・。


本当に素敵なお店&温かく楽しい会でした。
この後に行った、カラオケもサイコー!!でした(笑)


後日、このときにいただいたプレゼントも
アップいたします♪



素敵なお店、
思い出に残る夜となりました。




にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
↑おしゃれな赤坂のお店♪↑
by mahos-table | 2008-04-20 06:04 | restaurants