人気ブログランキング |
タグ:ラスク ( 2 ) タグの人気記事
塩キャラメルラスク
←ここをクリック♪
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ ←ここをクリック♪





2月24日発売の宝島社「green gateブランドムック」に
北欧料理のレシピを提供させていただいております、
【送料無料】GreenGate

【送料無料】GreenGate
価格:1,575円(税込、送料別)






















バゲットって
ちょっと残っちゃったりしますよね。



放置するとあっという間に固くなるし。



レッスンで
バゲットを使った残りを少しずつためておいたもので、
塩キャラメルラスクを作りました。


f0141419_822132.jpg



【材料】
バゲット 1本
グラニュー糖 100g
生クリーム 100g
塩(美味しい塩で) 少々


【作り方】
1.バゲットは1㎝厚さにスライスし、鍋にグラニュー糖を入れて火にかける。
  この時グラニュー糖をいじらない。 
2.鍋を回しながらなじませ、徐々にキャラメルを作る。
  煙が出て全体にキャラメル色になったら火を止め、
  温めておいた生クリームを少しずつ入れ混ぜる。
3.スライスしたバゲットの片面のみに2を浸し、上から少しだけ塩を。
4.150度に予熱したオーブンで20分くらい焼く。

f0141419_8223182.jpg


キャラメルが余っているからと言って
たっぷーりつけすぎると、なかなかカリカリになってくれないので、
注意してください。


通常のバゲットの大きさで、この分量通りのキャラメルを使いきる感じなら
大丈夫です。
f0141419_822584.jpg


焼きあがり直後は多少しっとり感があっても
冷めるとかりっとします。


あ、塩の乗せ過ぎに注意してくださいね。


バゲットにも結構な塩分が入っていますので
ほんの気持ちで大丈夫です。


f0141419_824375.jpg

これが焼く前。

私は
苦目キャラメルが好きなので色が濃い目ですが、
甘めが好きな方は、
もうちょっと手前でキャラメルの火を止めてくださいね。



ちゃんと
カリッカリのラスクになってくれてました^^




ちなみに、
オーブンから出したときは少々しっとり目でも
冷めるとカリカリになります。




これ、金曜に作っておいたら
私のいない間に相当減っていました^^;



ま、美味しかったということだから、
いっか。








おまけ。
f0141419_8245598.jpg

息子と娘が
土曜日に私が仕事の間、
お昼御飯で作った茄子とツナの炒め物。



写真を撮っておいてくれました。


油は、ツナ缶の油だけだそうです。

一口私の味見用に残しておいてくれたけど
とっても美味しくてびっくり。


着々と独自の料理を開発している二人。


写真を撮るときも
ちゃんと下に布を敷いていた@@


私の行動
見られてるわ。。。。><


ちなみにこの日のランチは
これとペペロンチーノだったみたい。



「パスタにツナと茄子入れちゃえば?」と助言したのですが、
息子が、パスタと具は別々に食べたかったようで。



ま、いろいろやってみるのは
いいことだ。


これからもがんばってね。






塩キャラメルラスク、食べてみたいと思っていただけたら
↓クリックで応援、お願いします☆
いつもクリック、励みになっております。ありがとうございます。

←ここをクリック♪
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ ←ここをクリック♪



ご訪問ありがとうございました。

コメントのお返事は、
その方のブログでさせていただきます。
ブログをお持ちでない方には
ここでお返事いたします。

なかなか訪問やコメントできなくてごめんなさい。




↓私がお菓子をつくっているビストロです

↓マホズテーブルのホームページ(リンク用バナーはコチラから♪

by mahos-table | 2012-02-27 08:32 | sweets
ラスク2種 & エシレバター
20007年9月20日(木)

ラスクが大好きです。
バゲットが余ったら作ります。

お店で買うラスクも好きですが、
あの味が家でも簡単に楽しめます。

置きっぱなしにして固くなってしまったり、
冷凍庫に長いこと入れっぱなしで干からびそうなものがあれば、
最適です。

かりっかりに焼き上げたラスクは、
いくつでも食べられちゃいます。・・・・危険です。

f0141419_8121785.jpg

こちらはシュガーラスク。
手前は仕上げにメープルシュガーをかけてみました。

f0141419_813778.jpg

甘くないラスク。
ガーリック風味です。
先日、チリコンカンの横に添えたもの。
おつまみにもなります。


【材料】
★バゲット 1/2本

スイートラスク  
      ★バター(有塩)大さじ1
      ★グラニュー糖大さじ1
      ★メープルシュガー(あれば)少々
ガーリックラスク
      ★バター(有塩)大さじ1
      ★すりおろしにんにく小さじ1/4
      ★パセリ(みじん)少々

【作り方】
1.バゲットは1cmほどの薄切りにする。
2.150℃に熱したオーブンで、15分焼く。
3.甘い方はバターとグラニュー糖を合わせて、電子レンジでと溶かす。
  ガーリックの方はバターとおろしにんにくを合わせて同様に溶かす。
  (20秒くらい。やりすぎると庫内に飛び散るので注意)
4.下焼きしたバゲットに3を塗り、もう一度150℃のオーブンで15分焼く。
5.仕上げに甘い方にはメープルシュガーを、
  ガーリックの方にはパセリをふる。

【ポイント】
★下焼きをする★
  ここでパンの水分を完全に飛ばすと、カリカリになります。

★オーブントースターを使わない★
 オーブントースターの火力は強いです。
 ラスクは低めの温度で、じっくりと水分を飛ばすので、
 オーブントースターだと表面だけが焦げてしまいます。

★有塩バターを使う★
 このラスクは、程よい塩味がポイントになるので、
 バターは無塩ではなく有塩を使うとちょうど良い味になります。



シュガーラスクは、小腹が空いたときのおやつや朝食に最適です。
ガーリックラスクは、パンの代わりに食事にあわせてもいいですね。

私は、料理教室で洋ものの料理をするときには、
必ずバゲットを用意します。
そしてバゲットはたいてい余ります。
そんなときにこのラスクを作れば、
固くなることを気にせずにバゲットを最後まで楽しめます。


先日、パリのお土産にエシレバターをいただきました。
ありがとうございます!
f0141419_8445956.jpg

このエシレバター、フランスのもので、
すごーく美味しいのです。

日本でも、スーパーなどで、小さいものが売られていますが、とても高いです。
フレンチレストランに行くと、
パンにこのエシレバターが添えられてくることがあります。

またはフランス料理のメニューにわざわざ「エシレバターを使った○○」などと
書いてあることがあるくらい、高級で美味しいバター。

日本で言うと、小岩井バターなんかに近いお味でしょうか。

これでラスクを作ったら、
バターの美味しさをたっぷりと味わうことができました。

自分ではなかなか買えないバターですが、
お土産でいただいて、堪能させていただきました。
ありがとうございました。

あ、でも、普通のバターで作っても、
このラスク、充分美味しくいただけます。
ご心配なく^^;



ご訪問ありがとうございます。
2つのブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


by mahos-table | 2007-09-22 08:52 | sweets